阿良々木に助けられそこなったヶ原さんであり、怪異の力に頼らなかった羽川。それが老倉育

ぶっちゃけ今までのキャラコメンタリーを聴いてて
段々キャラ同士が口喧嘩してるようにしか聴こえなくなってきちゃって
明らかに聴いてて楽しいより、気分が悪くなる事が多くなってきて

そのあまりの不毛さに憑物語辺りまでで
物語シリーズ自体を切ってたんだけど

YouTubeに俺がノータッチだった物語シリーズのシーン集というか
テレビ放送やアプリ配信から切り取ったような動画がいくつもアップされてて
何となく新キャラが気になったからちょくちょく覗いてみた

その結果、終物語老倉育ってキャラが
割と難儀な生い立ちであり、それと同じくらい難儀な性格なんだけど
それ以上に狂おしい程愛おしくなるようなキャラだという事がわかった

タイトルの終物語というネーミングから
本編未視聴の俺でも『既に終わってしまった物語』という
単純な解釈が出来る程度には切なくなった

花物語の沼地蠟花も
ラストまで観ると切なくなるキャラだったけど
それとは別の方向に切ないな、と


出来ればこれまでスルーしてたシリーズもしっかり観てみたいけど
正直言って、阿良々木の性格についてもかなり思うところがあって

主人公の事を好意的に観られない以上は
視聴する事すら難しいだろうから今回は諦める事にした


どうしてもダメなんだ

阿良々木の都合の悪い事には
ナチュラルに意識を逸らして話を進めたがるところ


そりゃ扇ちゃんも「この愚か者」って呼ぶよ

広告を非表示にする